浅田真央は全日本惨敗12位 “天才少女”愛と明暗はっきり

公開日: 更新日:

 前日のショートプログラム(SP)で8位と出遅れた浅田真央(26)は、この日のフリー演技冒頭にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=3A)を入れて巻き返しを狙った。しかし、SPに続き冒頭の3Aは失敗。後半もトリプルサルコーで転倒するなどミスが目立ち、12位に終わった。優勝は宮原知子(18)で大会3連覇となった。

 近年の国内女子フィギュアは、安藤美姫(29)や鈴木明子(31)が次々に引退。確実に世代交代が進んでいる中、真央は今大会終了後に来季も現役続行の意思を示し、18年の平昌五輪を目指す。だが、3大会連続の五輪出場は厳しく、来年の今頃は引退報道でスポーツマスコミを賑わせているかもしれない。

 思い起こせば、5歳からスケートを始めた真央を一躍国民的アイドルにしたのは、初のシニア国際大会となった05―06シーズン。15歳で出場したGPファイナルでは、トリノ五輪の金メダリスト候補といわれたイリーナ・スルツカヤを破って優勝。自身は年齢制限で同五輪の代表入りはかなわなかったものの、天才少女の華麗なジャンプにファンが激増した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る