• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全日本SP2位 宇野昌磨は山田満知子コーチ73年の“集大成”

 23日に行われた全日本選手権男子ショートプログラム(SP)では2位だったものの、同大会4連覇の羽生結弦(22)がインフルエンザで欠場したことで、優勝候補筆頭に挙げられるのが宇野昌磨(19)だ。

 宇野は、4回転フリップを武器にスケートアメリカで優勝、ロシア杯では銀メダルを獲得し、グランプリ(GP)ファイナルでは2年連続の3位に入った。

 この「次世代エース」を指導しているのは、フィギュア指導者界の「レジェンド」山田満知子コーチ(73)。これまで伊藤みどり(47)や浅田真央(26)など、数々のメダリストを育ててきた名伯楽はこの日こそリンクで見守ったが、最近は会場でその姿を見る機会がめっきり減ったという。

 指導者がテレビ画面に映される主な場面は、演技直前の声かけや演技後に採点を見守る「キス&クライ」。浅田を指導していた当時(00~06年)は2人が抱き合うシーンがたびたびお茶の間に流れていたが、今、宇野の隣で一喜一憂しているのは山田コーチと共に宇野を指導してきた弟子の樋口美穂子コーチ(47)。山田コーチは14年の全日本選手権やジュニアGPファイナルでは現地にいたものの、翌15年の全日本やGPファイナルでは姿を見せていない。宇野が2位となった先月のロシア杯も日本で観戦していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る