全日本SP2位 宇野昌磨は山田満知子コーチ73年の“集大成”

公開日: 更新日:

 23日に行われた全日本選手権男子ショートプログラム(SP)では2位だったものの、同大会4連覇の羽生結弦(22)がインフルエンザで欠場したことで、優勝候補筆頭に挙げられるのが宇野昌磨(19)だ。

 宇野は、4回転フリップを武器にスケートアメリカで優勝、ロシア杯では銀メダルを獲得し、グランプリ(GP)ファイナルでは2年連続の3位に入った。

 この「次世代エース」を指導しているのは、フィギュア指導者界の「レジェンド」山田満知子コーチ(73)。これまで伊藤みどり(47)や浅田真央(26)など、数々のメダリストを育ててきた名伯楽はこの日こそリンクで見守ったが、最近は会場でその姿を見る機会がめっきり減ったという。

 指導者がテレビ画面に映される主な場面は、演技直前の声かけや演技後に採点を見守る「キス&クライ」。浅田を指導していた当時(00~06年)は2人が抱き合うシーンがたびたびお茶の間に流れていたが、今、宇野の隣で一喜一憂しているのは山田コーチと共に宇野を指導してきた弟子の樋口美穂子コーチ(47)。山田コーチは14年の全日本選手権やジュニアGPファイナルでは現地にいたものの、翌15年の全日本やGPファイナルでは姿を見せていない。宇野が2位となった先月のロシア杯も日本で観戦していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る