日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅田真央の胸中は…表現力より「3A跳ぶ?」ばかり話題に

 本人も複雑な気持ちだろう。

 22日に開幕したフィギュアスケートの全日本選手権は24、25日に女子のショートプログラム(SP)とフリーの演技が行われる。浅田真央(26)は今季、左膝の故障で代名詞の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル=3A)を回避してきたが、試合前練習で何度も跳び、23日には不完全ながら着氷したことから、本番では1年ぶりに披露するとみられている。

 今季のグランプリシリーズ(GP)2大会は、左膝の状態が悪く、難易度を落とした演技内容でもミスが目立った。フランス杯では、ルッツ、サルコー、フリップの3つの3回転がすべて2回転となり、9位と惨敗して涙した。今年最後の大会で3Aを決めたい気持ちはよくわかる。

 真央はすでに26歳。体が大きくなり、ジュニア時代からポンポン跳んでいた3Aもなかなか決まらなくなってきた。今大会で3連覇を狙う18歳の宮原知子(今季GPファイナル2位)や15歳の樋口新葉(GPフランス杯3位)、本田真凜(ジュニアGP2位)といった若手も次々と出てきた。今大会で4連覇(06~09年)と2連覇(11~12年)を達成した真央も、今では脇役になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事