• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪へ一直線 大津エマは米名門クラブ出身の“逆輸入”

 女子体操に期待の若手が現れた。

 16日、日本代表候補選手を集めたナショナル強化合宿が都内で始まり、初日は昨夏リオ五輪代表の杉原愛子(17)ら6人の選手が参加。日本体操協会が今季から招聘した2人の外国人コーチの指導の下、約2時間の練習をこなした。

 この合宿には東京五輪での代表入りが有力視されるジュニア選手が多数、招集された。中でも表彰台を期待されるのが大津エマ(14)だ。

 米国マサチューセッツ州出身の大津は日本人の父と米国人の母を両親に持つ。幼少の頃に体操を始め、ロンドン、リオと2大会連続金の団体メンバーであるアリー・レイズマン(22)を輩出した名門クラブで指導を受けた。レイズマンの練習に取り組む姿勢を見て大津も五輪を意識するようになったという。

 今年1月に日本体操協会が行った強化選手のオーディションに自ら応募して合格を勝ち取った。現在は日米の二重国籍を有するが「東京五輪は日本代表として出場したい。国籍も日本を選択するつもりです」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る