• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

所属球団から連日“注文”殺到 WBCの苦労を米国監督が吐露

 優勝した米国代表の指揮を執ったリーランド監督によれば、「携帯は鳴るし、メールもくる。毎日が(選手の所属球団との)話し合いだった」そうだ。

 主力を派遣する各球団のGMにとって、開幕直前のこの時期、選手の調整具合は気になって当然。レギュラーシーズンに支障が出るようではかなわないし、ケガでもされたら一大事だ。米国代表を束ねるリーランド監督のもとに連日、選手の起用法に関する注文が殺到するのは当然といえば当然かもしれない。

 なにしろ米国代表には年俸10億円を超す連中がズラリ。所属球団が起用法にナーバスになるのも道理だと思ったら、日本も同様らしい。さる放送関係者がこう言った。

「日本代表の首脳陣のもとには直接、間接を問わず、起用法に関する注文が押し寄せるとか。公になっていない故障部位まで伝えてきて、なるべくなら投げさせないで欲しいなどと言ってくると聞きました」

 勝つための選手起用は当然だし、かといって所属球団の意向もむげにはできない。代表の首脳陣は大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る