ホスト役米国の憂鬱 エース右腕に“代表落ち宣告”の裏事情

公開日: 更新日:

「登板に向けて準備していたのに本当にガッカリしているよ」――。

 米国代表の主戦級だったレイズのエース右腕クリス・アーチャー(28)が19日付(日本時間20日)地元紙「タンパベイ・タイムズ」(電子版)に不満をぶちまけている。

 1次ラウンド初戦コロンビア戦に先発し、4回をパーフェクトに抑えたアーチャー。昨季33試合で9勝19敗と大きく負け越したが、これは打線の援護に恵まれなかったため。米国のエース格だけに準決勝以降の登板が有力視されながら、すでに代表落ちを宣告され、レイズのキャンプ地に戻ったのだ。

 このアーチャーに代わって21日(同22日)の準決勝(日本戦)に先発することになったのが、ナショナルズの右腕タナー・ロアーク(30)。昨季は先発33試合で16勝10敗、防御率2・83と結果を残したが、今大会は不振。11日の1次ラウンド(ドミニカ共和国戦)では2番手で登板し、ソロ本塁打を含む3安打3失点2四球と精彩を欠き、1回3分の1で降板している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  7. 7

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る