日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホスト役米国の憂鬱 エース右腕に“代表落ち宣告”の裏事情

「登板に向けて準備していたのに本当にガッカリしているよ」――。

 米国代表の主戦級だったレイズのエース右腕クリス・アーチャー(28)が19日付(日本時間20日)地元紙「タンパベイ・タイムズ」(電子版)に不満をぶちまけている。

 1次ラウンド初戦コロンビア戦に先発し、4回をパーフェクトに抑えたアーチャー。昨季33試合で9勝19敗と大きく負け越したが、これは打線の援護に恵まれなかったため。米国のエース格だけに準決勝以降の登板が有力視されながら、すでに代表落ちを宣告され、レイズのキャンプ地に戻ったのだ。

 このアーチャーに代わって21日(同22日)の準決勝(日本戦)に先発することになったのが、ナショナルズの右腕タナー・ロアーク(30)。昨季は先発33試合で16勝10敗、防御率2・83と結果を残したが、今大会は不振。11日の1次ラウンド(ドミニカ共和国戦)では2番手で登板し、ソロ本塁打を含む3安打3失点2四球と精彩を欠き、1回3分の1で降板している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事