• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実は延長戦制し明徳義塾破る 注目の清宮は4打数1安打

 明徳義塾(高知)の馬淵監督といえば、92年の夏、星稜の松井秀喜を5打席連続敬遠して白星をつかんだ人。勝つためには手段を問わないというか、勝利への執念は凄まじかった。

 その後、全国制覇も経験、学校内での地位も立場も上がったという。5打席連続敬遠から25年が経ち、勝利への執念や考え方、スタンスは変わったのかどうか。

 さて、24日のセンバツ高校野球5日目第2試合、早実(東京)対明徳義塾戦。2年前の夏から甲子園を賑わせている高校通算79本塁打の清宮幸太郎が、馬淵監督率いる明徳の投手をどう攻略するかが見どころだった。

 馬淵監督は日刊ゲンダイのインタビューで清宮に関し、「誰でも彼でも松井くんと一緒にするな、ということ」とコメント。敬遠はやりづらくないかという質問には、「勝負だから全然ない」と答えている。松井とは格が違うものの、状況次第で敬遠もいとわないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る