日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実は延長戦制し明徳義塾破る 注目の清宮は4打数1安打

 明徳義塾(高知)の馬淵監督といえば、92年の夏、星稜の松井秀喜を5打席連続敬遠して白星をつかんだ人。勝つためには手段を問わないというか、勝利への執念は凄まじかった。

 その後、全国制覇も経験、学校内での地位も立場も上がったという。5打席連続敬遠から25年が経ち、勝利への執念や考え方、スタンスは変わったのかどうか。

 さて、24日のセンバツ高校野球5日目第2試合、早実(東京)対明徳義塾戦。2年前の夏から甲子園を賑わせている高校通算79本塁打の清宮幸太郎が、馬淵監督率いる明徳の投手をどう攻略するかが見どころだった。

 馬淵監督は日刊ゲンダイのインタビューで清宮に関し、「誰でも彼でも松井くんと一緒にするな、ということ」とコメント。敬遠はやりづらくないかという質問には、「勝負だから全然ない」と答えている。松井とは格が違うものの、状況次第で敬遠もいとわないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事