早実は延長戦制し明徳義塾破る 注目の清宮は4打数1安打

公開日: 更新日:

 明徳義塾(高知)の馬淵監督といえば、92年の夏、星稜の松井秀喜を5打席連続敬遠して白星をつかんだ人。勝つためには手段を問わないというか、勝利への執念は凄まじかった。

 その後、全国制覇も経験、学校内での地位も立場も上がったという。5打席連続敬遠から25年が経ち、勝利への執念や考え方、スタンスは変わったのかどうか。

 さて、24日のセンバツ高校野球5日目第2試合、早実(東京)対明徳義塾戦。2年前の夏から甲子園を賑わせている高校通算79本塁打の清宮幸太郎が、馬淵監督率いる明徳の投手をどう攻略するかが見どころだった。

 馬淵監督は日刊ゲンダイのインタビューで清宮に関し、「誰でも彼でも松井くんと一緒にするな、ということ」とコメント。敬遠はやりづらくないかという質問には、「勝負だから全然ない」と答えている。松井とは格が違うものの、状況次第で敬遠もいとわないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る