• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督も入れ換え示唆 OP戦最下位の巨人は二軍の方が強い

 打てない守れない──。24日現在、オープン戦6連敗で最下位に沈む巨人のチーム打率は、なんと.193。もちろん12球団のビリである。打てないだけではない。チーム防御率4.74も全体で一番悪い。

 2-11で大敗した23日の日本ハム戦後、村田ヘッドコーチは「あまりにも恥ずかしい試合」と吐き捨てていたが、“強い巨人”もいる。同じ23日、イースタン・リーグの楽天戦で11-3と快勝した二軍である。

「先発した杉内が勝利投手。4番に入ったギャレットが2発7打点。スタメンを見ると、1番・松本から亀井、脇谷、片岡ときて9番・橋本到まで、一昔前の一軍メンバーがズラリと並んでいる。片岡以外は先発全員安打だった。24日現在、4勝1敗で首位。この日の一軍と二軍が試合をしたら、二軍の方が強かったのではないか」(巨人OB)

 高橋由伸監督(41)は一、二軍のメンバー入れ替えを示唆しているが、1人や2人を替えるより、チームを総取っ換えするくらい大幅なテコ入れが必要ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る