日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人とハムで思惑一致 復帰の高木と斎藤佑にトレード情報

 巨人は22日、野球賭博問題で昨年3月にNPBから1年間の失格処分を受けていた元巨人の高木京介(27)をチームに復帰させる意向を示した。

 処分が明けたこの日、高木京から復帰申請書を受け取ったことを明かした球団は、23日にも熊崎コミッショナーに提出する予定とした。受理されれば、育成契約を結ぶ方針という。森田清司総務本部長は「自分の犯したことを悔やんで深く反省していること。1年間の失格はプロ野球選手にとって非常に重い処分。そういう意味で社会的制裁も受けている。球団としてもコミッショナーに復帰をお願いしたいということです」と話した。

 高木京は昨年3月22日に処分を受け、巨人から契約解除された。その後は復帰を目指し、練習を続けていた。同本部長は「(高木京と)定期的に会って話しているので、どのように取り組んでいるかは把握している」と言うが、問題は再契約したその先。果たしてずっと面倒を見る気があるのかどうか、である。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事