開幕投手に使命感 ダルの220イニング目標にフォークの壁

公開日:  更新日:

「それだけ信頼してもらえて、すごく光栄」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が初の開幕投手(4月3日、インディアンス戦)にやる気満々である。

 2015年にメスを入れた右肘はキャンプ、オープン戦を通じて良好で、ブロケイル投手コーチから220イニング登板をノルマに課されている。毎年、220回をクリアするのは、メジャーを代表する投手ばかり。今季のダルは投手コーチからサイ・ヤング賞級の働きを期待されるが、先行きは不透明だ。

 今季、解禁したダルのフォークに関して、現役時代にダルと同じトミー・ジョン(腱の修復)手術を2度も行ったブロケイル投手コーチはこう話している。

「完全なフォークなら前腕部に負担がかかるので投げさせないが、ユウ(ダル)のはスプリット。前腕部を痛めないのでOKだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る