日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCで来日のスカウト仰天 大谷の打撃はボンズ級の完成度

 今回、東京で行われたWBCの2次ラウンドには、メジャースカウトが大挙して押し寄せた。

 米国から直接来たスカウトもいれば、韓国の1次ラウンドをカバーしてきた人も。東京の1次ラウンドからそのまま残るスカウトも中にはいた。

 イスラエル対キューバ戦で2次ラウンドが幕を開けたのが去る12日。その前日のことだ。

 翌日からは連日、昼から深夜まで東京ドームで缶詰めになる。デーゲームとナイター、1日2試合カバーしなければならない日もある。浅草見物なんかでひと息入れたのかと思ったら、とんでもなかった。

 ナ・リーグ東地区の某強豪球団のスカウトは束の間の“休日”を利用して、WBCに出場していない日本人選手をチェックしていた。

■「バッティングはほぼ完成した選手」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事