日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5打席全部走者なし…不運の早実清宮に吹いたまさかの逆風

 運も実力のうち、という言葉がある。そのデンで言えば、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)はどうなのか。

 27日に東海大福岡(福岡)に敗れ、まさかの2回戦敗退。清宮は二塁打と三塁打を打ったものの、この日は5打席中4打席が回の先頭打者と、走者を置いた場面で一度も打席が回ってこなかった。今大会はアーチどころか打点もなし。2本塁打を打った2015年夏に比べ、寂しく甲子園を去った。

 ネット裏でこの日の試合をチェックした某スカウトが言う。

「持っていないと言えば、持っていない。とはいえ、今日に限れば相手バッテリーの作戦勝ちでしょう。清宮の前に走者を置かないことを徹底したがゆえの勝利でもある」

 東海大福岡の先発、安田も「(清宮の前に)走者を出さないように気をつけていた」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事