5打席全部走者なし…不運の早実清宮に吹いたまさかの逆風

公開日: 更新日:

 運も実力のうち、という言葉がある。そのデンで言えば、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)はどうなのか。

 27日に東海大福岡(福岡)に敗れ、まさかの2回戦敗退。清宮は二塁打と三塁打を打ったものの、この日は5打席中4打席が回の先頭打者と、走者を置いた場面で一度も打席が回ってこなかった。今大会はアーチどころか打点もなし。2本塁打を打った2015年夏に比べ、寂しく甲子園を去った。

 ネット裏でこの日の試合をチェックした某スカウトが言う。

「持っていないと言えば、持っていない。とはいえ、今日に限れば相手バッテリーの作戦勝ちでしょう。清宮の前に走者を置かないことを徹底したがゆえの勝利でもある」

 東海大福岡の先発、安田も「(清宮の前に)走者を出さないように気をつけていた」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る