清宮は長打2本放つも…早実は2回戦で東海大福岡に敗れる

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎(3年)は人一倍、責任感が強い。主将を務め、ベンチでは声を張り上げてナインを鼓舞する。そんな強いキャプテンシーが裏目に出たのかも知れない。

 27日の2回戦の相手、東海大福岡の先発は、右横手投げの安田。清宮は「なかなか珍しいタイプの投手。ボールの軌道、タイミングの取り方が難しくなる」と警戒していたが、自分が何とかしたいという思いが力みにつながる。

 第1打席は一回2死走者なしから5球目115キロのスライダーに詰まって三飛に倒れた。

 早実は1点リードの三回に守備が乱れた。1死から9番安田に左二塁打される。早実先発・服部の暴投で三進されると、2死満塁から4番遠藤に右越え適時三塁打を浴びて1-3と逆転を許す。右翼手が目測を誤り、追いつけなかった。

 そんな味方のミスを取り返そうと、焦りが力みを生んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る