• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮は長打2本放つも…早実は2回戦で東海大福岡に敗れる

 早実の清宮幸太郎(3年)は人一倍、責任感が強い。主将を務め、ベンチでは声を張り上げてナインを鼓舞する。そんな強いキャプテンシーが裏目に出たのかも知れない。

 27日の2回戦の相手、東海大福岡の先発は、右横手投げの安田。清宮は「なかなか珍しいタイプの投手。ボールの軌道、タイミングの取り方が難しくなる」と警戒していたが、自分が何とかしたいという思いが力みにつながる。

 第1打席は一回2死走者なしから5球目115キロのスライダーに詰まって三飛に倒れた。

 早実は1点リードの三回に守備が乱れた。1死から9番安田に左二塁打される。早実先発・服部の暴投で三進されると、2死満塁から4番遠藤に右越え適時三塁打を浴びて1-3と逆転を許す。右翼手が目測を誤り、追いつけなかった。

 そんな味方のミスを取り返そうと、焦りが力みを生んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る