清宮は長打2本放つも…早実は2回戦で東海大福岡に敗れる

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎(3年)は人一倍、責任感が強い。主将を務め、ベンチでは声を張り上げてナインを鼓舞する。そんな強いキャプテンシーが裏目に出たのかも知れない。

 27日の2回戦の相手、東海大福岡の先発は、右横手投げの安田。清宮は「なかなか珍しいタイプの投手。ボールの軌道、タイミングの取り方が難しくなる」と警戒していたが、自分が何とかしたいという思いが力みにつながる。

 第1打席は一回2死走者なしから5球目115キロのスライダーに詰まって三飛に倒れた。

 早実は1点リードの三回に守備が乱れた。1死から9番安田に左二塁打される。早実先発・服部の暴投で三進されると、2死満塁から4番遠藤に右越え適時三塁打を浴びて1-3と逆転を許す。右翼手が目測を誤り、追いつけなかった。

 そんな味方のミスを取り返そうと、焦りが力みを生んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る