• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビビったベイ打線…阪神・藤浪の初勝利は“危険な男”効果

 明らかに相手打者はビビっていた。

 4日のヤクルト戦で畠山にあわや顔面死球という危険な投球で大乱闘を招いた藤浪。13日のDeNA戦は8回を投げて四球は1。6安打1失点で今季初勝利を挙げた。

「とりあえずスタートを切れてよかったと思ってます。前回は良くなかったので、しっかり修正してそれを出すだけだとシンプルに考えた」という藤浪は、15年(82個)、16年(70個)の与四球はリーグワースト。14、15年の11与死球も同最多で昨年の8個もワースト2位タイ。コントロールの悪さが定評の右腕が、今季初登板で9四死球。しかも、いきなり畠山の顔面近くを襲う「危険球」を投げたから、その「効果」は大きかった。

 当然、DeNAの各打者は、藤浪の死球による乱闘劇をスポーツニュースや新聞で見ただろう。この日は内角球に腰が引けている者が多く、五回まで無得点に抑えられた。

 2年ぶりの2ケタ勝利を目指す藤浪の球速は150キロを超える。3試合に1回ぐらい死球を与えれば「イメージ効果」は持続するのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る