ビビったベイ打線…阪神・藤浪の初勝利は“危険な男”効果

公開日: 更新日:

 明らかに相手打者はビビっていた。

 4日のヤクルト戦で畠山にあわや顔面死球という危険な投球で大乱闘を招いた藤浪。13日のDeNA戦は8回を投げて四球は1。6安打1失点で今季初勝利を挙げた。

「とりあえずスタートを切れてよかったと思ってます。前回は良くなかったので、しっかり修正してそれを出すだけだとシンプルに考えた」という藤浪は、15年(82個)、16年(70個)の与四球はリーグワースト。14、15年の11与死球も同最多で昨年の8個もワースト2位タイ。コントロールの悪さが定評の右腕が、今季初登板で9四死球。しかも、いきなり畠山の顔面近くを襲う「危険球」を投げたから、その「効果」は大きかった。

 当然、DeNAの各打者は、藤浪の死球による乱闘劇をスポーツニュースや新聞で見ただろう。この日は内角球に腰が引けている者が多く、五回まで無得点に抑えられた。

 2年ぶりの2ケタ勝利を目指す藤浪の球速は150キロを超える。3試合に1回ぐらい死球を与えれば「イメージ効果」は持続するのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る