ビビったベイ打線…阪神・藤浪の初勝利は“危険な男”効果

公開日: 更新日:

 明らかに相手打者はビビっていた。

 4日のヤクルト戦で畠山にあわや顔面死球という危険な投球で大乱闘を招いた藤浪。13日のDeNA戦は8回を投げて四球は1。6安打1失点で今季初勝利を挙げた。

「とりあえずスタートを切れてよかったと思ってます。前回は良くなかったので、しっかり修正してそれを出すだけだとシンプルに考えた」という藤浪は、15年(82個)、16年(70個)の与四球はリーグワースト。14、15年の11与死球も同最多で昨年の8個もワースト2位タイ。コントロールの悪さが定評の右腕が、今季初登板で9四死球。しかも、いきなり畠山の顔面近くを襲う「危険球」を投げたから、その「効果」は大きかった。

 当然、DeNAの各打者は、藤浪の死球による乱闘劇をスポーツニュースや新聞で見ただろう。この日は内角球に腰が引けている者が多く、五回まで無得点に抑えられた。

 2年ぶりの2ケタ勝利を目指す藤浪の球速は150キロを超える。3試合に1回ぐらい死球を与えれば「イメージ効果」は持続するのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    ウソウソウソ…恥を知らない“無敵の人”に監視される我々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る