乱闘劇も呼んで…阪神・藤浪“ノーコン悪化”はイップスか

公開日: 更新日:

 年々悪くなっている。阪神は4日のヤクルト戦に藤浪が先発したが、初回から大荒れだった。

 先頭の大引に四球を与えると三ゴロの併殺で一息つくも、山田、バレンティンには連続四球。雄平の適時打で先制点を許す。二回も2四球とヒットなどで満塁のピンチ。ここはヤクルト打線の拙攻に助けられたが、三回は先頭のバレンティンに一発を浴び、無失点の四回にも2つの四球を出してバックのイライラを募らせた。

 そして五回。藤浪のノーコンが大乱闘の呼び水となる。無死一塁で迎えた畠山の3球目。142キロの直球が左肩を直撃。あわや頭部死球の危険なボールに畠山が怒りをあらわにすると両軍ベンチから全員が飛び出し、派手な乱闘劇へ。結局、最初に手を出したバレンティンと跳び蹴りで応戦した阪神の矢野コーチが退場。警告試合が宣告された。

■技術よりメンタルの問題か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る