ハム大谷は打者で2年無死球 評論家が明かす投手心理とは

公開日: 更新日:

 プロ野球で使用する公認球は、ある意味、凶器だ。

 巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜は現役時代、「(投手に)狙われたら避けられない」と言った。投手は内角の際どいコースに投げ、打者に恐怖心を植え付ける。踏み込んで打たせない、思い切ったスイングをさせないためだ。強打者であればあるほど体スレスレを狙われ、ぶつけられるケースも多い。

 10日現在、パの打撃ベスト10に入っている選手のうち、死球を食らっていないのは打率3位(.328)で、本塁打ゼロの西野(オリックス)ひとりだ。

 そんな中、打撃好調の今年はもちろん、過去2年間、死球がひとつもないのが日本ハム大谷翔平(21)。死球はルーキーだった13年の1個だけだ。

 10日のオリックス戦の二回、バックスクリーン右に先制の6号ソロ本塁打。4、5日のソフトバンク戦に続く3試合連続の一発で、本塁打数ではメヒア(14)、レアード(10)に次ぐリーグ3位につけた。昨年までと比べれば内角の際どいコースを攻められるようになったとはいえ、「狙われたら避けられない」ような球が一つもないのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る