重症の中日打線 4試合未勝利のエース大野に“爆発”の心配

公開日: 更新日:

 中日は今季初の連勝で最下位を脱出したが、エース大野は面白くないはずだ。

 20日の今季4試合目の先発は6回1失点で降板。123球の球数では仕方ないにしても、この日も打線の援護はなし。中日打線は直後の七回、平田のソロ弾と京田の2点適時打などで逆転。喉から手の白星は、2番手の4年目祖父江に持っていかれた。ちなみに祖父江は通算142試合目のプロ初勝利となった。

 これで中日は開幕から17試合連続で先発投手は勝ち星なしだが、少なくとも大野は2勝は逃している気分だろう。

 開幕の巨人戦は6回6失点、7日のDeNA戦も5回5失点なら諦めもつくが、中日がサヨナラ勝ちした14日の巨人戦は八回途中2失点。そしてこの日も貧打に泣いた。

 ここまで中日の得点はリーグ最少の45。17試合で5得点以上はたった3試合しかなく、1試合の平均得点は2・6とお寒い打線だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る