中日・京田に“逸材”の片鱗…機動力野球に適応する走攻守

公開日:

「入った球団が良かったと思うよ」

 在京球団のベテランスカウトがこう言った。中日のドラフト2位ルーキー・京田陽太(22=日大)のことだ。

 12日のヤクルト戦。東都時代の主戦場で、二回にプロ初の適時打を放てば、延長十回には内野安打で一塁へヘッドスライディング。決勝のホームを踏み、「ここ最近、追い込まれてやられていた。先手先手で行った。神宮はやりやすかった」と話した。

 ここまで開幕戦を含む8試合にスタメン出場。打率こそ.216だが、守備、走塁で存在感を発揮している。前出のスカウトが言う。

「今季の中日は機動力野球をやりたい。しかも若手野手の育成が課題だから、守備、走塁のいい京田は使われやすい環境にある。対戦相手のヤクルトも2位指名を検討していたといわれ、巨人、阪神も獲得候補に挙げていた選手です。ヤクルトはまだしも、巨人、阪神のどちらに行ってもレギュラーどころか、今も二軍で経験を積んでいる可能性は十分にある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る