中日・京田に“逸材”の片鱗…機動力野球に適応する走攻守

公開日: 更新日:

「入った球団が良かったと思うよ」

 在京球団のベテランスカウトがこう言った。中日ドラフト2位ルーキー・京田陽太(22=日大)のことだ。

 12日のヤクルト戦。東都時代の主戦場で、二回にプロ初の適時打を放てば、延長十回には内野安打で一塁へヘッドスライディング。決勝のホームを踏み、「ここ最近、追い込まれてやられていた。先手先手で行った。神宮はやりやすかった」と話した。

 ここまで開幕戦を含む8試合にスタメン出場。打率こそ.216だが、守備、走塁で存在感を発揮している。前出のスカウトが言う。

「今季の中日は機動力野球をやりたい。しかも若手野手の育成が課題だから、守備、走塁のいい京田は使われやすい環境にある。対戦相手のヤクルトも2位指名を検討していたといわれ、巨人阪神も獲得候補に挙げていた選手です。ヤクルトはまだしも、巨人、阪神のどちらに行ってもレギュラーどころか、今も二軍で経験を積んでいる可能性は十分にある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  8. 8

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る