中日・京田に“逸材”の片鱗…機動力野球に適応する走攻守

公開日: 更新日:

「入った球団が良かったと思うよ」

 在京球団のベテランスカウトがこう言った。中日のドラフト2位ルーキー・京田陽太(22=日大)のことだ。

 12日のヤクルト戦。東都時代の主戦場で、二回にプロ初の適時打を放てば、延長十回には内野安打で一塁へヘッドスライディング。決勝のホームを踏み、「ここ最近、追い込まれてやられていた。先手先手で行った。神宮はやりやすかった」と話した。

 ここまで開幕戦を含む8試合にスタメン出場。打率こそ.216だが、守備、走塁で存在感を発揮している。前出のスカウトが言う。

「今季の中日は機動力野球をやりたい。しかも若手野手の育成が課題だから、守備、走塁のいい京田は使われやすい環境にある。対戦相手のヤクルトも2位指名を検討していたといわれ、巨人、阪神も獲得候補に挙げていた選手です。ヤクルトはまだしも、巨人、阪神のどちらに行ってもレギュラーどころか、今も二軍で経験を積んでいる可能性は十分にある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る