ハム8連敗…中田翔の併殺が西武打線を“援護”の痛恨ミス

公開日: 更新日:

 起爆剤は起爆剤でも、火がついたのは相手打線だった。

 右足のケガで戦線離脱していた日本ハム中田翔(28)が、23日の西武戦で「4番・一塁」として一軍復帰。7連敗中のチームを救う活躍が期待されたがしかし、味方の足を引っ張っただけだった。

 1打席目、2打席目ともに走者がいる場面で凡打。日ハムが1点を勝ち越した五回には1死一、三塁という追撃の場面でまさかのゲッツーに倒れ、打線の勢いを断ち切ってしまった。

 すると西武は終盤の六~八回で一挙10得点。中田の併殺が、西武に流れを傾けたといっても過言ではないだろう。

 4タコの中田は試合後、「たかが20試合」と強がったが、たかが20試合で16敗、8連敗中の日本ハム。泥沼から這い上がるのはいつの日か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  10. 10

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る