石原と会沢が共存 広島が繰り出す常識外れの“正捕手2人”

公開日: 更新日:

「優勝チームに名捕手あり」とは、野村克也元ヤクルト監督の口癖だ。

 現役時代の自身はもちろん、西武の伊東やヤクルトの古田、中日の谷繁に巨人の阿部がその代表格だろう。不動の正捕手がチームの安定をつかさどるとの説に異論はないが、昨年の優勝球団広島はこれに当てはまらなかった。

 ベテラン捕手の石原慶幸(37)と中堅捕手の会沢翼(29)が共存。それぞれ83試合、50試合に先発出場し、リーグトップのチーム防御率を記録した。

「今季もここまで石原が12試合、会沢が11試合と先発マスクを分け合っている。リードに定評のある石原、打撃が持ち味の会沢。異なる武器を持つそんな2人を、先発投手との相性によってベンチが巧みに使い分けているのだが、最近はそれが揺らぎつつあった。なにしろ会沢の打撃が前日の試合まで打率.189とサッパリ。どうせ打てないなら、経験豊富でより投手からの信頼が厚い石原を使うべきではないか。そんな声が高まり始めていた」(広島OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  4. 4

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  5. 5

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  10. 10

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る