26日の巨人戦に先発予定 広島・福井優也はもう“背水の陣”

公開日: 更新日:

「呼んでもらえたので、結果を残したい」

 こう意気込んだのは、広島の右腕・福井優也(29)。24日に今季初めて一軍に合流。マツダスタジアムで投球練習を行った。

 19日のDeNA戦で先発したドラフト3位の床田(中部学院大)が左ひじを痛めて登録抹消された代わりに、26日の巨人戦に先発する予定。昨季は巨人相手に3勝をマーク。「苦手意識がないのは自分でも優位だと思う」と話した。

 10年ドラフト1位の7年目右腕はキャンプ中の2月26日、ヤクルトとのオープン戦に先発する予定だったが、背中の張りを訴えて登板を回避。床田、九里ら後輩たちが開幕ローテ入りを果たす一方で、二軍暮らしが続いていた。

「是が非でも結果が欲しいはずです。昨年8月31日のDeNA戦では試合直前になって急きょ、首痛を訴えて先発を回避。薮田が代役で先発することになった。本人は痛みに耐えて投げるつもりだったが、後日『傍脊柱筋筋膜炎』と判明したように、投げられる状態ではなかった。責任感が裏目に出たのでしょう。結果としてチームに迷惑をかけ、緒方監督は昨季で一番というくらいの大きな雷を落としたそうです」(関係者)

 巨人との大事な首位攻防戦で信頼を取り戻したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  5. 5

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る