26日の巨人戦に先発予定 広島・福井優也はもう“背水の陣”

公開日:

「呼んでもらえたので、結果を残したい」

 こう意気込んだのは、広島の右腕・福井優也(29)。24日に今季初めて一軍に合流。マツダスタジアムで投球練習を行った。

 19日のDeNA戦で先発したドラフト3位の床田(中部学院大)が左ひじを痛めて登録抹消された代わりに、26日の巨人戦に先発する予定。昨季は巨人相手に3勝をマーク。「苦手意識がないのは自分でも優位だと思う」と話した。

 10年ドラフト1位の7年目右腕はキャンプ中の2月26日、ヤクルトとのオープン戦に先発する予定だったが、背中の張りを訴えて登板を回避。床田、九里ら後輩たちが開幕ローテ入りを果たす一方で、二軍暮らしが続いていた。

「是が非でも結果が欲しいはずです。昨年8月31日のDeNA戦では試合直前になって急きょ、首痛を訴えて先発を回避。薮田が代役で先発することになった。本人は痛みに耐えて投げるつもりだったが、後日『傍脊柱筋筋膜炎』と判明したように、投げられる状態ではなかった。責任感が裏目に出たのでしょう。結果としてチームに迷惑をかけ、緒方監督は昨季で一番というくらいの大きな雷を落としたそうです」(関係者)

 巨人との大事な首位攻防戦で信頼を取り戻したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る