• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ上本に代打 鼻骨折の鳥谷「連続出場」に虎ファン複雑

 24日の試合で顔面死球を受けた際に、鼻骨を骨折した阪神の鳥谷。翌25日は黒いフェースガードを着用してベンチ入り。六回2死走者なしの場面で代打出場すると三ゴロに倒れたが、連続試合出場記録はプロ野球史上歴代単独2位の1795に伸ばした。

 過去には肋骨を折りながら試合に出続けた鳥谷なら、「鼻骨の骨折くらい何ともない」というかもしれない。しかし、それまで2安打を放っていた上本を代えての代打には、「記録のためじゃないか」という声も出て当然だろう。代役として三塁でスタメン起用されたキャンベルが来日初本塁打を含む2安打3打点と活躍したのも、ファンにとっては複雑だ。

 打撃不振に陥った昨季は、連続フルイニング出場記録が667試合で途絶えた。鼻骨骨折が原因で成績が落ちれば、今度は「連続試合出場の是非」も問われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る