金本監督もベンチに蹴り 虎ペナント制覇への“致命的欠陥”

公開日: 更新日:

 敵失を生かせず、流れを手放した。

 阪神巨人に連敗した24日の試合。阪神は五回に絶好のチャンスをつかんだ。先頭の福留が、チーム初安打となる三塁打。ここで5番中谷が浅い右飛に倒れたものの、続く鳥谷の打席で、好投していた巨人先発の吉川光が頭部死球を与え退場処分になった。怒号と歓声が入り交じり、にわかに盛り上がる甲子園。そんな押せ押せのムードはしかし、代打の伊藤隼、梅野の凡打で一気にしぼんでしまった。

「五回が勝負だった」

 試合後、金本監督は厳しい表情でそう切り出すと、内野ゴロでも1点という可能性があった場面でフライを打ち上げた中谷をやり玉に挙げ、「言っても(ケース打撃を)できないのは、ボクらの指導力不足」と嘆いた。

■田原と巨人を助けてしまった

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  10. 10

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

もっと見る