金本監督もベンチに蹴り 虎ペナント制覇への“致命的欠陥”

公開日:  更新日:

 敵失を生かせず、流れを手放した。

 阪神が巨人に連敗した24日の試合。阪神は五回に絶好のチャンスをつかんだ。先頭の福留が、チーム初安打となる三塁打。ここで5番中谷が浅い右飛に倒れたものの、続く鳥谷の打席で、好投していた巨人先発の吉川光が頭部死球を与え退場処分になった。怒号と歓声が入り交じり、にわかに盛り上がる甲子園。そんな押せ押せのムードはしかし、代打の伊藤隼、梅野の凡打で一気にしぼんでしまった。

「五回が勝負だった」

 試合後、金本監督は厳しい表情でそう切り出すと、内野ゴロでも1点という可能性があった場面でフライを打ち上げた中谷をやり玉に挙げ、「言っても(ケース打撃を)できないのは、ボクらの指導力不足」と嘆いた。

■田原と巨人を助けてしまった

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る