大竹寛6失点KO 巨投“内海組”ごっそり二軍落ちで解体危機

公開日: 更新日:

 3連勝で首位の阪神に2.5ゲーム差に迫っていた巨人。25日の阪神戦で、そんな上昇ムードを吹き飛ばしたのは、先発した大竹寛(34)だった。

 初回、この日1番に入った糸井に29打席ぶりとなる安打を許すと、続く上本に二塁打を浴びて、わずか8球で先制点を献上。この回4失点で流れを失うと、三回にも3安打に2四球が絡んで2失点。3回6失点で3敗目(4勝)を喫した。前回登板も4失点でKOされているだけに、高橋由伸監督(42)は「大竹は立て直して欲しかった? そうだね。そうしてもらわないと困るんですけど。同じような投球が続いている感じ。キャリア? キャリアうんぬんじゃないでしょう。何とか少ない失点で、というのは誰でも同じ」と渋い表情。尾花投手コーチは「結果が出ていない。次? 考えます」と二軍落ちを示唆した。ここ5試合の失点は、6、4、6、1、4。防御率5.15では苦しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る