12球団で唯一2時間台 巨人“超時短”試合に淡泊打線も一役

公開日: 更新日:

 あるいは、由伸監督は複雑かもしれない。

 今月30日に開幕する交流戦を間近に控え、ここまで40試合前後を消化しているプロ野球。開幕前の予想とは裏腹に巨人はセの3位に甘んじているが、1試合の平均時間では、ぶっちぎりのトップに立っているのだ。

 NPB関係者が言う。

「巨人が41試合を消化した22日現在、1試合の平均試合時間は12球団で唯一の2時間台となる2時間57分。これは延長戦を除いたものですが、延長戦を含めても巨人は2時間59分と3時間を切っています。ちなみに、広島ソフトバンクの9回試合の平均は共に3時間16分。各球団にスピードアップを要望しているNPBの目標設定は『3時間以内』ですから、巨人が一番の優等生ということになります」

■劣勢では良くも悪くも切り替えが早い

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る