衰えか故障か…巨人・長野久義に聞いた“打撃不振”のワケ

公開日: 更新日:

 不振を極める巨人長野久義(32)が、10日の阪神戦で今季初本塁打を放った。開幕から91打席目にしてようやく飛び出した一発。復調を待望する高橋監督は満面に笑みを浮かべていたが、「阪神先発の岩貞が悪すぎた。三回までに阿部、坂本、マギーに被弾。球にまったくキレがなく、ストライクとボールがハッキリしていて、四回で降板していなければ、何点取られるか分からないという内容。長野はそんな岩貞から一発を放ったものの、スイング後に下半身がフラつくなど、本調子にはまだ程遠い。14年に手術した右ヒザの状態が良くないのではないかと思う」とは、巨人OB。

 実際、この日の安打は本塁打の1本だけで4打数1安打。七回の4打席目を終えたところで、投手に代えられベンチに下がった。打率は・188とまだ1割台。得点圏にいたっては20打数無安打である。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得した巨人きってのヒットメーカーに何があったのか。長いトンネルから抜け出せない、悩める選手会長を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る