• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

衰えか故障か…巨人・長野久義に聞いた“打撃不振”のワケ

 不振を極める巨人の長野久義(32)が、10日の阪神戦で今季初本塁打を放った。開幕から91打席目にしてようやく飛び出した一発。復調を待望する高橋監督は満面に笑みを浮かべていたが、「阪神先発の岩貞が悪すぎた。三回までに阿部、坂本、マギーに被弾。球にまったくキレがなく、ストライクとボールがハッキリしていて、四回で降板していなければ、何点取られるか分からないという内容。長野はそんな岩貞から一発を放ったものの、スイング後に下半身がフラつくなど、本調子にはまだ程遠い。14年に手術した右ヒザの状態が良くないのではないかと思う」とは、巨人OB。

 実際、この日の安打は本塁打の1本だけで4打数1安打。七回の4打席目を終えたところで、投手に代えられベンチに下がった。打率は・188とまだ1割台。得点圏にいたっては20打数無安打である。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得した巨人きってのヒットメーカーに何があったのか。長いトンネルから抜け出せない、悩める選手会長を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事