衰えか故障か…巨人・長野久義に聞いた“打撃不振”のワケ

公開日:  更新日:

 不振を極める巨人の長野久義(32)が、10日の阪神戦で今季初本塁打を放った。開幕から91打席目にしてようやく飛び出した一発。復調を待望する高橋監督は満面に笑みを浮かべていたが、「阪神先発の岩貞が悪すぎた。三回までに阿部、坂本、マギーに被弾。球にまったくキレがなく、ストライクとボールがハッキリしていて、四回で降板していなければ、何点取られるか分からないという内容。長野はそんな岩貞から一発を放ったものの、スイング後に下半身がフラつくなど、本調子にはまだ程遠い。14年に手術した右ヒザの状態が良くないのではないかと思う」とは、巨人OB。

 実際、この日の安打は本塁打の1本だけで4打数1安打。七回の4打席目を終えたところで、投手に代えられベンチに下がった。打率は・188とまだ1割台。得点圏にいたっては20打数無安打である。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得した巨人きってのヒットメーカーに何があったのか。長いトンネルから抜け出せない、悩める選手会長を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る