米5球団が熱視線も…西武・菊池に制球力とメンタルの課題

公開日: 更新日:

 上限20億円には、まだまだ足りない。

 西武菊池雄星(25)が14日のロッテ戦に先発。7回2失点で勝ち負けはつかなかった。

 菊池は今季と来季、2年連続で2ケタ勝利を挙げれば入札制度によるメジャー移籍を容認されるといわれている。注目度が増す左腕に対し、この日はメジャー5球団のスカウトがネット裏で視察した。仮に菊池が2年連続2ケタ勝利をクリアしたとして、メジャーで通用する力があるのか。

■要所の制球力に課題

 視察したナ・リーグのあるスカウトは「150キロを投げられる左腕は貴重な存在ですが……」と、こう言う。

「今の菊池は手放しでは褒められない。何より足りないのは低めの制球力です。直球だけでなく、カーブも高めに浮く傾向がある。あれではメジャーの強打者の餌食になりかねない。田中(ヤンキース)や岩隈(マリナーズ)は低めの制球が優れているから活躍できている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る