• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10連敗巨人に囁かれる コーチ入れ替えと阿部コンバート案

 75年の長嶋監督時代に記録した球団ワーストの11連敗にあと1と迫った巨人。創設83年の長い歴史で3度しかない10連敗という泥沼状態は、ちょっと前まで最下位にいた中日の森監督に「10連敗はきつい」と同情される始末である。

 長嶋終身名誉監督は、スポーツ報知に「今の一軍に漂う重苦しい空気を変えることができる存在になる」と書き、6日の西武戦から一軍に合流するFA加入の陽岱鋼(30)に期待するのだが、キャンプで負った足の故障が長引き、前日4日になって初めて実戦フル出場した病み上がりの陽が起爆剤とは心もとない限り。実際、高橋由伸監督(42)ですら、「1人2人(の力)ではね」と言っている。それほどチーム状態が悪いのだ。

「連敗はいつか止まる。でも、それとチームが不振から抜け出すのとは別問題。監督が、選手1人2人の力だけじゃ、と言っているのだから、球団も考えているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る