• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再調整実らず4敗目 ロッテ石川失った特異メンタリティー

 1カ月前と同じ言葉を吐いた。

 23日のソフトバンク戦に先発したロッテの石川歩(29)が、7回4失点で4敗目。今季は開幕から3戦3敗と精彩を欠き、4月18日に「抑え方が分からない」と言い残して無期限の二軍落ち。再調整を経てこの日のマウンドに上がったが、試合後にはまたも「(原因は)分からない。ダメだった」と絞り出すのがやっとだった。

 いまだにWBCの影響という声があるが、そもそも、大会期間中は好調を維持。日本代表で投手コーチを務めた権藤博氏は、「準決勝の米国戦に勝てば、決勝の先発は石川で決まっていた。ブルペンでの状態は完璧で、石川に託せば、間違いなく世界一、と思ったほど」と言っていた。

「いい意味で変わり者。大物と言ってもいい。重圧とは無縁といった振る舞いで、群れもせずに飄々としている。本人に聞けば、それでも昔は、プレッシャーに弱いタイプだったという。登板日は朝に食べたものをすべて戻してしまうほどだったとか。どうやって克服したのかと聞いたら、『ええ、緊張するのをやめました』って。変わってるでしょ。だから、初戦のキューバ戦もこいつしかいないと思って投げさせたわけです」(権藤氏)

 昨季のパの最優秀防御率投手。技術はある。必要なのは、悩みすら飄々と克服する、本来のメンタリティーだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る