再調整実らず4敗目 ロッテ石川失った特異メンタリティー

公開日:  更新日:

 1カ月前と同じ言葉を吐いた。

 23日のソフトバンク戦に先発したロッテの石川歩(29)が、7回4失点で4敗目。今季は開幕から3戦3敗と精彩を欠き、4月18日に「抑え方が分からない」と言い残して無期限の二軍落ち。再調整を経てこの日のマウンドに上がったが、試合後にはまたも「(原因は)分からない。ダメだった」と絞り出すのがやっとだった。

 いまだにWBCの影響という声があるが、そもそも、大会期間中は好調を維持。日本代表で投手コーチを務めた権藤博氏は、「準決勝の米国戦に勝てば、決勝の先発は石川で決まっていた。ブルペンでの状態は完璧で、石川に託せば、間違いなく世界一、と思ったほど」と言っていた。

「いい意味で変わり者。大物と言ってもいい。重圧とは無縁といった振る舞いで、群れもせずに飄々としている。本人に聞けば、それでも昔は、プレッシャーに弱いタイプだったという。登板日は朝に食べたものをすべて戻してしまうほどだったとか。どうやって克服したのかと聞いたら、『ええ、緊張するのをやめました』って。変わってるでしょ。だから、初戦のキューバ戦もこいつしかいないと思って投げさせたわけです」(権藤氏)

 昨季のパの最優秀防御率投手。技術はある。必要なのは、悩みすら飄々と克服する、本来のメンタリティーだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る