防御率0点台の安定感 今オフFA西武牧田を巨人とオリ狙う

公開日: 更新日:

「複数のメジャー球団が獲得に興味を持っているようです」

 代理人筋がこう言うのは、今季中に国内FA権を取得予定の西武・牧田和久(32)のことだ。

 今季はここまでセットアッパーとして29試合に登板、1勝1敗17ホールド、防御率0・56。自責点はわずか2と抜群の安定感を誇っている。今年のWBCでは日本代表の抑えを務め、2012年には先発で13勝するなど、どのポジションでも器用にこなす。昨オフは西武から提示された2年契約を拒否し、単年1億円プラス出来高でサイン。WBCの際には将来的なメジャー挑戦の夢を公言、このオフはポスティングによるメジャー移籍も視野に入れているといわれる。

「牧田がポスティングでメジャー挑戦をした場合、3年8億~10億円程度の条件を出す球団があるとみられている。11月で33歳を迎えますが、ストライクゾーンの左右高低はもちろん、緩急も使える。走者がいるいないにかかわらず、クイックを駆使して打者のタイミングを外せるし、投球テンポも非常にいい。メジャーでもアンダーハンドの投手は希少で、その独特の球筋にMLBの打者は苦労するとみられています」(メジャー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る