甲子園で一発&全打点 西武・中村に阪神が熱視線のワケ

公開日: 更新日:

 虎将の腰も浮く。

 14日の阪神戦で、西武中村剛也(33)が八面六臂の活躍をした。初回に先制適時打を放つと、三回には14号3ラン。3打数2安打4打点とチームの全打点を叩き出し、甲子園の阪神ファンにため息をつかせた。

 その一方で、阪神の金本監督は目をギラつかせていたんじゃないか。なにせ、大好物は「右のホームランバッター」というご仁。チーム編成にも合致するとなれば、なおさらだ。

 現在の阪神は右の大砲が不在。オフにゴメスを切って獲得したキャンベルは、もともと中距離ヒッターだ。案の定、期待に応えられず、4月下旬に昇格するも21試合で1本塁打5打点、打率.191とサッパリ。今月7日に二軍落ちした。若手の中谷将大(24=7本塁打)が育ってきているが、まだまだ力不足。

 そこでこの「おかわりくん」だ。阪神は日本ハム中田翔(28)に目を付けているともっぱらだが、右の大砲という点では中村の方がはるかに上。本塁打王6回、打点王3回。満塁ホームラン通算16本に至っては日本記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る