甲子園で一発&全打点 西武・中村に阪神が熱視線のワケ

公開日:

 虎将の腰も浮く。

 14日の阪神戦で、西武の中村剛也(33)が八面六臂の活躍をした。初回に先制適時打を放つと、三回には14号3ラン。3打数2安打4打点とチームの全打点を叩き出し、甲子園の阪神ファンにため息をつかせた。

 その一方で、阪神の金本監督は目をギラつかせていたんじゃないか。なにせ、大好物は「右のホームランバッター」というご仁。チーム編成にも合致するとなれば、なおさらだ。

 現在の阪神は右の大砲が不在。オフにゴメスを切って獲得したキャンベルは、もともと中距離ヒッターだ。案の定、期待に応えられず、4月下旬に昇格するも21試合で1本塁打5打点、打率.191とサッパリ。今月7日に二軍落ちした。若手の中谷将大(24=7本塁打)が育ってきているが、まだまだ力不足。

 そこでこの「おかわりくん」だ。阪神は日本ハムの中田翔(28)に目を付けているともっぱらだが、右の大砲という点では中村の方がはるかに上。本塁打王6回、打点王3回。満塁ホームラン通算16本に至っては日本記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る