甲子園で一発&全打点 西武・中村に阪神が熱視線のワケ

公開日:

 虎将の腰も浮く。

 14日の阪神戦で、西武の中村剛也(33)が八面六臂の活躍をした。初回に先制適時打を放つと、三回には14号3ラン。3打数2安打4打点とチームの全打点を叩き出し、甲子園の阪神ファンにため息をつかせた。

 その一方で、阪神の金本監督は目をギラつかせていたんじゃないか。なにせ、大好物は「右のホームランバッター」というご仁。チーム編成にも合致するとなれば、なおさらだ。

 現在の阪神は右の大砲が不在。オフにゴメスを切って獲得したキャンベルは、もともと中距離ヒッターだ。案の定、期待に応えられず、4月下旬に昇格するも21試合で1本塁打5打点、打率.191とサッパリ。今月7日に二軍落ちした。若手の中谷将大(24=7本塁打)が育ってきているが、まだまだ力不足。

 そこでこの「おかわりくん」だ。阪神は日本ハムの中田翔(28)に目を付けているともっぱらだが、右の大砲という点では中村の方がはるかに上。本塁打王6回、打点王3回。満塁ホームラン通算16本に至っては日本記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る