阪神・糸井緊急交代で想起させる元オリFA選手の“黒歴史”

公開日:  更新日:

 その瞬間、ベンチが凍りついた。

 阪神の糸井(35)が9日のソフトバンク戦の六回、安打を放った直後に代走を告げられ途中交代。足を引きずるようにベンチに下がった。その直後、左太ももをアイシングした状態で、試合中にトレーナーに付き添われ病院送りとなったのだ。報道陣の問いかけには無言だった。

 糸井は日本ハム時代からめったなことでは痛いかゆいは言わなかった。そんな男が音を上げるくらいだから、状態は良くないのだろう。

 ただでさえ糸井は両ひざに古傷を抱えている。開幕直後は絶好調だったが、5月は打率.244、6月は打率.219、0本塁打、2打点と成績は下降線。56試合を消化し、疲労もたまっている。5月下旬の巨人戦の守備の際にフェンスに激突、右ひざをぶつけた後遺症を指摘する関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る