阪神・糸井緊急交代で想起させる元オリFA選手の“黒歴史”

公開日: 更新日:

 その瞬間、ベンチが凍りついた。

 阪神の糸井(35)が9日のソフトバンク戦の六回、安打を放った直後に代走を告げられ途中交代。足を引きずるようにベンチに下がった。その直後、左太ももをアイシングした状態で、試合中にトレーナーに付き添われ病院送りとなったのだ。報道陣の問いかけには無言だった。

 糸井は日本ハム時代からめったなことでは痛いかゆいは言わなかった。そんな男が音を上げるくらいだから、状態は良くないのだろう。

 ただでさえ糸井は両ひざに古傷を抱えている。開幕直後は絶好調だったが、5月は打率.244、6月は打率.219、0本塁打、2打点と成績は下降線。56試合を消化し、疲労もたまっている。5月下旬の巨人戦の守備の際にフェンスに激突、右ひざをぶつけた後遺症を指摘する関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る