阪神・糸井緊急交代で想起させる元オリFA選手の“黒歴史”

公開日: 更新日:

 その瞬間、ベンチが凍りついた。

 阪神の糸井(35)が9日のソフトバンク戦の六回、安打を放った直後に代走を告げられ途中交代。足を引きずるようにベンチに下がった。その直後、左太ももをアイシングした状態で、試合中にトレーナーに付き添われ病院送りとなったのだ。報道陣の問いかけには無言だった。

 糸井は日本ハム時代からめったなことでは痛いかゆいは言わなかった。そんな男が音を上げるくらいだから、状態は良くないのだろう。

 ただでさえ糸井は両ひざに古傷を抱えている。開幕直後は絶好調だったが、5月は打率.244、6月は打率.219、0本塁打、2打点と成績は下降線。56試合を消化し、疲労もたまっている。5月下旬の巨人戦の守備の際にフェンスに激突、右ひざをぶつけた後遺症を指摘する関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る