全力で走れない日ハム大谷 一軍登録の裏に栗山監督の計算

公開日: 更新日:

 日本ハムの栗山監督は大谷翔平(22)の起用法に関して、よく、ハッタリをかます。

 例えば今季序盤のことだ。本人はまだ、本格的な投球練習すらしていないのに、「投手起用も考えている」とか、「(ブルペンで見たら)150キロは出ていた」などと吹きまくった。

 今回もしかり。復帰するとすればどう考えても野手が先、いきなりの投手起用なんてまずあり得ないのに、「投手を含めていろいろなパターンを考えている」と話している。

 あえて大谷の投手起用もある、いつでもマウンドに行けるぞと喧伝することで、他の5球団にプレッシャーをかけているつもりなのだろう。だとすれば、今回の一軍登録そのものもある意味、ブラフではないか。

■ベンチにいるだけで他球団は警戒

 大谷はまだ、全力疾走すらしていない。春先に全力疾走できない状態で起用して、それが新たな故障を誘発した責任をだれよりも痛感している人が、「できることからやっていく」と一軍登録してベンチに置いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 9

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  11. 10

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

もっと見る