全力で走れない日ハム大谷 一軍登録の裏に栗山監督の計算

公開日:

 日本ハムの栗山監督は大谷翔平(22)の起用法に関して、よく、ハッタリをかます。

 例えば今季序盤のことだ。本人はまだ、本格的な投球練習すらしていないのに、「投手起用も考えている」とか、「(ブルペンで見たら)150キロは出ていた」などと吹きまくった。

 今回もしかり。復帰するとすればどう考えても野手が先、いきなりの投手起用なんてまずあり得ないのに、「投手を含めていろいろなパターンを考えている」と話している。

 あえて大谷の投手起用もある、いつでもマウンドに行けるぞと喧伝することで、他の5球団にプレッシャーをかけているつもりなのだろう。だとすれば、今回の一軍登録そのものもある意味、ブラフではないか。

■ベンチにいるだけで他球団は警戒

 大谷はまだ、全力疾走すらしていない。春先に全力疾走できない状態で起用して、それが新たな故障を誘発した責任をだれよりも痛感している人が、「できることからやっていく」と一軍登録してベンチに置いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る