全力で走れない日ハム大谷 一軍登録の裏に栗山監督の計算

公開日: 更新日:

 日本ハムの栗山監督は大谷翔平(22)の起用法に関して、よく、ハッタリをかます。

 例えば今季序盤のことだ。本人はまだ、本格的な投球練習すらしていないのに、「投手起用も考えている」とか、「(ブルペンで見たら)150キロは出ていた」などと吹きまくった。

 今回もしかり。復帰するとすればどう考えても野手が先、いきなりの投手起用なんてまずあり得ないのに、「投手を含めていろいろなパターンを考えている」と話している。

 あえて大谷の投手起用もある、いつでもマウンドに行けるぞと喧伝することで、他の5球団にプレッシャーをかけているつもりなのだろう。だとすれば、今回の一軍登録そのものもある意味、ブラフではないか。

■ベンチにいるだけで他球団は警戒

 大谷はまだ、全力疾走すらしていない。春先に全力疾走できない状態で起用して、それが新たな故障を誘発した責任をだれよりも痛感している人が、「できることからやっていく」と一軍登録してベンチに置いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る