指揮官トーンダウン ハム大谷の早期復帰に怪我再発リスク

公開日: 更新日:

 4月に左太もも裏を肉離れし、リハビリしていた日本ハム大谷翔平(22)が20日、一軍練習に合流。本隊とは別メニューで、屋外の天然芝グラウンドでダッシュを行うと、フリー打撃では39スイング中7本の柵越えを放った。

 しかし、見守った栗山監督の表情は冴えなかった。リハビリ中の映像を常にチェックし、前日には二軍戦を経ずに一軍昇格させることについて、「関係ない。トレーナーの管轄をはずれてからのことはずっと考えている」と早期復帰を示唆していたが、この日の練習後は、「思っていたとおりの状態ではなかった。丁寧に考えないといけない」と慎重な発言に終始。早ければ公式戦再開となる23日の楽天戦で一軍復帰させる計画について、この日はゴーサインは出なかった。

■メジャー関係者もヒヤヒヤ

 大谷は故障以来、二軍戦の出場どころか、左足が内出血した状態が続いていたという。去る18日にようやく7割程度のダッシュを再開したばかりで、一軍復帰が時期尚早なのは分かりきっていたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る