指揮官トーンダウン ハム大谷の早期復帰に怪我再発リスク

公開日: 更新日:

 4月に左太もも裏を肉離れし、リハビリしていた日本ハムの大谷翔平(22)が20日、一軍練習に合流。本隊とは別メニューで、屋外の天然芝グラウンドでダッシュを行うと、フリー打撃では39スイング中7本の柵越えを放った。

 しかし、見守った栗山監督の表情は冴えなかった。リハビリ中の映像を常にチェックし、前日には二軍戦を経ずに一軍昇格させることについて、「関係ない。トレーナーの管轄をはずれてからのことはずっと考えている」と早期復帰を示唆していたが、この日の練習後は、「思っていたとおりの状態ではなかった。丁寧に考えないといけない」と慎重な発言に終始。早ければ公式戦再開となる23日の楽天戦で一軍復帰させる計画について、この日はゴーサインは出なかった。

■メジャー関係者もヒヤヒヤ

 大谷は故障以来、二軍戦の出場どころか、左足が内出血した状態が続いていたという。去る18日にようやく7割程度のダッシュを再開したばかりで、一軍復帰が時期尚早なのは分かりきっていたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る