指揮官トーンダウン ハム大谷の早期復帰に怪我再発リスク

公開日:

 4月に左太もも裏を肉離れし、リハビリしていた日本ハムの大谷翔平(22)が20日、一軍練習に合流。本隊とは別メニューで、屋外の天然芝グラウンドでダッシュを行うと、フリー打撃では39スイング中7本の柵越えを放った。

 しかし、見守った栗山監督の表情は冴えなかった。リハビリ中の映像を常にチェックし、前日には二軍戦を経ずに一軍昇格させることについて、「関係ない。トレーナーの管轄をはずれてからのことはずっと考えている」と早期復帰を示唆していたが、この日の練習後は、「思っていたとおりの状態ではなかった。丁寧に考えないといけない」と慎重な発言に終始。早ければ公式戦再開となる23日の楽天戦で一軍復帰させる計画について、この日はゴーサインは出なかった。

■メジャー関係者もヒヤヒヤ

 大谷は故障以来、二軍戦の出場どころか、左足が内出血した状態が続いていたという。去る18日にようやく7割程度のダッシュを再開したばかりで、一軍復帰が時期尚早なのは分かりきっていたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る