筒香の7号本塁打引き出した 稲葉氏の「WBC罪滅ぼし行脚」

公開日:  更新日:

 時折、笑顔を見せながら談笑していた。

 23日、試合前練習を行うDeNAの筒香嘉智(25)のもとに歩み寄ったのが、日本ハムのスポーツ・コミュニティ・オフィサーにして、WBCでは打撃コーチを務めた稲葉篤紀氏(44)だ。稲葉氏はグラウンドで筒香に声をかけると、タイミングの取り方や体重移動について身ぶり手ぶりでアドバイス。練習後、稲葉氏に助言された内容について筒香に聞くと「ヒミツです」と言いつつ、こう続けた。

「去年、調子が良かった時と似た感覚の(アドバイス)内容ではあったけど、今までやったことのないものでもあった。去年と今年では調子がいいときの感覚は違うので、そこに戻すということはないけど、また新たな感覚でやってみたい。『なるほど』と思わされるアドバイスでした」

 WBC出場組は開幕後から不調にあえぐ者が多く、4番を務めた筒香もそのひとり。本塁打が出るまでに92打席を要するなど、「WBC後遺症」に苦しんだ。それがこの日は五回に7号3ランを放つなど、3安打3打点と打ちまくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る