筒香の7号本塁打引き出した 稲葉氏の「WBC罪滅ぼし行脚」

公開日: 更新日:

 時折、笑顔を見せながら談笑していた。

 23日、試合前練習を行うDeNAの筒香嘉智(25)のもとに歩み寄ったのが、日本ハムのスポーツ・コミュニティ・オフィサーにして、WBCでは打撃コーチを務めた稲葉篤紀氏(44)だ。稲葉氏はグラウンドで筒香に声をかけると、タイミングの取り方や体重移動について身ぶり手ぶりでアドバイス。練習後、稲葉氏に助言された内容について筒香に聞くと「ヒミツです」と言いつつ、こう続けた。

「去年、調子が良かった時と似た感覚の(アドバイス)内容ではあったけど、今までやったことのないものでもあった。去年と今年では調子がいいときの感覚は違うので、そこに戻すということはないけど、また新たな感覚でやってみたい。『なるほど』と思わされるアドバイスでした」

 WBC出場組は開幕後から不調にあえぐ者が多く、4番を務めた筒香もそのひとり。本塁打が出るまでに92打席を要するなど、「WBC後遺症」に苦しんだ。それがこの日は五回に7号3ランを放つなど、3安打3打点と打ちまくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る