筒香の7号本塁打引き出した 稲葉氏の「WBC罪滅ぼし行脚」

公開日:  更新日:

 時折、笑顔を見せながら談笑していた。

 23日、試合前練習を行うDeNAの筒香嘉智(25)のもとに歩み寄ったのが、日本ハムのスポーツ・コミュニティ・オフィサーにして、WBCでは打撃コーチを務めた稲葉篤紀氏(44)だ。稲葉氏はグラウンドで筒香に声をかけると、タイミングの取り方や体重移動について身ぶり手ぶりでアドバイス。練習後、稲葉氏に助言された内容について筒香に聞くと「ヒミツです」と言いつつ、こう続けた。

「去年、調子が良かった時と似た感覚の(アドバイス)内容ではあったけど、今までやったことのないものでもあった。去年と今年では調子がいいときの感覚は違うので、そこに戻すということはないけど、また新たな感覚でやってみたい。『なるほど』と思わされるアドバイスでした」

 WBC出場組は開幕後から不調にあえぐ者が多く、4番を務めた筒香もそのひとり。本塁打が出るまでに92打席を要するなど、「WBC後遺症」に苦しんだ。それがこの日は五回に7号3ランを放つなど、3安打3打点と打ちまくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る