栗山監督懺悔も ハムに「しっかりと点が取れる」根拠なし

公開日: 更新日:

 ベンチで口を「へ」の字に結び、腕組みをしているのは日本ハムの栗山監督。

 25日の楽天戦は今季7回目の完封負け。初回2死二、三塁、三回2死満塁の得点機で、いずれもレアードが凡退。四回以降は、三塁すら踏めなかった。

「監督が悪い。すみません。これからしっかりと点が取れるようになんとか……」

 試合後の栗山監督はこう言ったが、4割打者の近藤はケガで離脱、2日前に一軍登録された大谷もまだ足の状態が万全じゃない。中田、レアードの4、5番コンビは相も変わらず勝負弱く、「しっかりと点が取れる」根拠はどこにもない。

 この3連戦、札幌ドームには計9万3833人のファンが訪れたが、1勝2敗と負け越し。唯一の見せ場が去る24日、延長十回2死一、二塁のチャンスでネクストバッターズサークルに入った大谷というんじゃ、ファンは浮かばれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る