昨季は日本S欠場 日ハム守護神マーティンの“唯一の欠点”

公開日: 更新日:

「あれでメンタルが強ければ鬼に金棒なんだけど……」

 チーム内でもそんな声が上がっているのが、日本ハムのセットアッパー、マーティン(31)だ。

 13日は同点の八回に登板するも、3安打を打たれて2点を献上。これが決勝点となり、今季初黒星を喫した。

 最大の武器は2メートル超の長身から放たれる、MAX158キロの剛速球。ボールの回転数はメジャーの一流投手に肩を並べるほどだという。140キロ台のカットボールや130キロ台のカーブといった武器もあり、昨季は抑えとして2勝21セーブ。チームの優勝に貢献した。

 ある日ハムOBは「唯一の欠点がメンタルです」と、こう話す。

「ああ見えて、実はカッカしやすい。さらに冷静になるまで時間がかかるタイプです。昨季のCSではソフトバンクの俊足選手、福田に死球をぶつけるや、平常心を失った。案の定、走られると、そこから四球、重盗、タイムリーと散々だった。その後も動揺は続き、現場も『当分は使い物にならない』と判断。左足首のケガを理由に、日本シリーズ直前に帰国させたほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る