8試合連続安打のハム大田 「来季4番」へ才能開花の兆し

公開日: 更新日:

「今は1番を打たせてもらって、チームが勢いを持って攻められるように心がけています」

 こう語るのは、日本ハム大田泰示(27)だ。

 1番・左翼でスタメン出場した16日のヤクルト戦で、五回に二塁打。8試合連続安打と好調を維持している。

 昨オフ、巨人からトレードで移籍するや、これまでの体たらくが嘘のように打撃開眼。今季ここまで打率.285、8本塁打、21打点の成績で、本塁打数はレアードに次いでチーム2位タイ(中田と同数)である。

「連続試合安打については、毎日出させてもらって“一日一善”という感じでやっていければと思っています。(代打などで)1打席勝負となると難しさはありますが、今は毎日、試合に出させてもらって、しっかり打つべきボールを打てていると感じています」(大田)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    桜田淳子が合同結婚式出席 兄は「縁を切ったようなもの」

もっと見る