短距離2冠サニブラウン 100m9秒台と200m19秒台どっち先

公開日: 更新日:

「19秒台はトップレベルの人たちと走れば、(そのペースに)引っ張られて出るのかなと思う」

 100メートルに続き、200メートルも制したサニブラウン・ハキーム(18)がレース後こう言った。時計は自己ベストの20秒32。03年の末続慎吾以来となる日本選手権2冠となったが、やはり自己ベスト(10秒05)で優勝した24日の100メートルの疲れがあったそうで、「この2日間疲労がたまっていて、レース前は不安があった。疲労がなければもうちょっといいタイムが出たかもしれない」と悔やんだ。

 短距離のタイムに関しては、100メートルの9秒台を「誰が、いつ」出すのかが注目されているが、200メートルの19秒台が話題になることはほとんどない。

 日本選手権を現地で取材したスポーツライターの高野祐太氏が言う。

「難易度では200メートルの19秒台の方がやや高いとみられていますが、100メートルは陸上の花形種目ですから世間の関心が高い。当然マスコミの扱いも大きいわけです。サニブラウン自身はレース後『100メートルのスピードと(持ち味の)200メートル後半の伸びがかけ合わされば世界で戦える』と言った。オランダではフィジカルトレーニングをかなり積んだそうで、体が一回り大きくなり、欠点だった上体のブレも修正された。かつて『世界記録を狙う』とまで豪語し、今回は200メートルで世界と戦える可能性にも言及した若者です。近い将来に出すであろう、100メートルの9秒台や200メートルの19秒台は単なる通過点でしかないのでしょう」

 ちなみに200メートルの国内記録は03年に末続慎吾が出した20秒03。ガーナ人の父を持つサニブラウンはスケールの大きなスプリンターだ。国内初の19秒台で大騒ぎするのがバカバカしいぐらいの選手になって欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る