短距離2冠サニブラウン 100m9秒台と200m19秒台どっち先

公開日:

「19秒台はトップレベルの人たちと走れば、(そのペースに)引っ張られて出るのかなと思う」

 100メートルに続き、200メートルも制したサニブラウン・ハキーム(18)がレース後こう言った。時計は自己ベストの20秒32。03年の末続慎吾以来となる日本選手権2冠となったが、やはり自己ベスト(10秒05)で優勝した24日の100メートルの疲れがあったそうで、「この2日間疲労がたまっていて、レース前は不安があった。疲労がなければもうちょっといいタイムが出たかもしれない」と悔やんだ。

 短距離のタイムに関しては、100メートルの9秒台を「誰が、いつ」出すのかが注目されているが、200メートルの19秒台が話題になることはほとんどない。

 日本選手権を現地で取材したスポーツライターの高野祐太氏が言う。

「難易度では200メートルの19秒台の方がやや高いとみられていますが、100メートルは陸上の花形種目ですから世間の関心が高い。当然マスコミの扱いも大きいわけです。サニブラウン自身はレース後『100メートルのスピードと(持ち味の)200メートル後半の伸びがかけ合わされば世界で戦える』と言った。オランダではフィジカルトレーニングをかなり積んだそうで、体が一回り大きくなり、欠点だった上体のブレも修正された。かつて『世界記録を狙う』とまで豪語し、今回は200メートルで世界と戦える可能性にも言及した若者です。近い将来に出すであろう、100メートルの9秒台や200メートルの19秒台は単なる通過点でしかないのでしょう」

 ちなみに200メートルの国内記録は03年に末続慎吾が出した20秒03。ガーナ人の父を持つサニブラウンはスケールの大きなスプリンターだ。国内初の19秒台で大騒ぎするのがバカバカしいぐらいの選手になって欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る