ケンブリッジ飛鳥 100m“初の9秒台”で狙う破格ボーナス

公開日: 更新日:

 日本人初の9秒台を狙う陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥(23・ナイキ)が11日、羽田空港から米国遠征に出発。今月下旬まで3大会を転戦する予定で「(100メートルで)9秒台も狙っていきたい」と語った。

 昨年は5月の東日本実業団選手権で自己ベストの10秒10を記録。リオ五輪400メートルリレーではアンカーでボルトと並走。銀メダルを獲得し、大いに名前を売った。

 12月には所属企業を退社し「プロ」に転向。敏腕代理人やマネジメント会社とも契約し、2月にはスポーツ用品大手のナイキと複数年契約を結んだ。

 100メートルは桐生祥秀(自己ベスト10秒01)と山県亮太(同10秒03)という強力なライバルが国内にいるが、日本人初の9秒台を出せば契約メーカーからガッポリボーナスが出るともっぱらだ。ちなみにケンブリッジが尊敬するボルトもプーマと契約。世界記録や五輪の金メダルで破格のボーナスを手にしている。

 ケンブリッジは父がジャマイカ人、母が日本人のハーフのスプリンター。

 今年最大の目標はボルトのラストランとなる8月の世界陸上(ロンドン)。その前に「初の9秒台」をクリアすれば、国内人気も独り占めにできるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る