• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上DLに急きょ参戦 サニブラウン「100m9秒台」に現実味

「先を越されるんじゃないか」との声もある。

 13日に行われる陸上のダイヤモンドリーグ(DL)上海大会に、15年世界ユース短距離で2冠を果たした日本のサニブラウン・ハキーム(18)の参戦が急きょ決まった。

 今秋からフロリダ大への進学が決まっているサニブラウンはこれまで、南アフリカやオランダ、米フロリダなどで練習を積み、4月の米国ブライアン・クレイ招待の100メートル(追い風1・8メートル)で自己ベストの10秒18をマークした。ちなみに200メートルでも20秒41(追い風0・9メートル)を記録。8月の世界選手権(ロンドン)の参加標準記録(20秒44)を突破した。

 DL上海大会には、桐生祥秀(21)やケンブリッジ飛鳥(23)も出場。2人とも追い風2メートル超の参考記録では9秒台を出しているものの、自己ベストはそれぞれ10秒01と10秒10。国内初となる9秒台を狙っているわけだが、「最も9秒台に近い男」と言われて久しい桐生が10秒01を出したのは13年4月の織田記念。今季のベストは10秒04で、サニブラウンより力は上とみられている。

 それでも海外選手との合同練習で急激にスピードアップしている18歳のスプリンターなら、あっさり10秒の壁を破るかもしれない。

 桐生にもたもたしている時間はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る