100m追い風参考9秒94 多田修平は“桐生超え”にも現実味

公開日:  更新日:

 これでまだ成長途中というのだから、末恐ろしい。

 10日の日本学生陸上競技個人選手権男子100メートル準決勝で、追い風参考記録(4.5メートル)ながら9秒94をマークした多田修平(20)。本人は「間違いかな?」と首をひねったものの、日本人3人目、国内では初の追い風参考の9秒台。今後の記録に期待がかかる。

 5月の「セイコーゴールデンGP陸上2017」の決勝でリオ五輪銀メダリストのガトリン(米国)と対戦。3位に終わるも、「誰だか知らないが凄いスタートを切った選手がいる」と、陸上界の雄を驚かせた。

 スポーツライターの高野祐太氏は「もともと、スタートを苦手としていた選手です」と、こう続ける。

「多田が優れているのは、スタート後の加速。セイコーGPでも、60~70メートルくらいまではガトリンとほぼ併走していた。10秒08で優勝した学生選手権の決勝を見る限り、終盤での減速率も以前より抑えられている。今年は大阪陸上競技協会の『OSAKA夢プログラム』で、2月から3月にかけて米国とオーストラリアで合宿。米国ではパウエルと彼の兄でコーチをしているドノバンにアドバイスを受けた。多田自身も『ウエートトレーニングの大事さと、スタートが昨年はつまずき気味だったので、その基本を。だいぶ勉強になった』と話していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る