100m追い風参考9秒94 多田修平は“桐生超え”にも現実味

公開日: 更新日:

 これでまだ成長途中というのだから、末恐ろしい。

 10日の日本学生陸上競技個人選手権男子100メートル準決勝で、追い風参考記録(4.5メートル)ながら9秒94をマークした多田修平(20)。本人は「間違いかな?」と首をひねったものの、日本人3人目、国内では初の追い風参考の9秒台。今後の記録に期待がかかる。

 5月の「セイコーゴールデンGP陸上2017」の決勝でリオ五輪銀メダリストのガトリン(米国)と対戦。3位に終わるも、「誰だか知らないが凄いスタートを切った選手がいる」と、陸上界の雄を驚かせた。

 スポーツライターの高野祐太氏は「もともと、スタートを苦手としていた選手です」と、こう続ける。

「多田が優れているのは、スタート後の加速。セイコーGPでも、60~70メートルくらいまではガトリンとほぼ併走していた。10秒08で優勝した学生選手権の決勝を見る限り、終盤での減速率も以前より抑えられている。今年は大阪陸上競技協会の『OSAKA夢プログラム』で、2月から3月にかけて米国とオーストラリアで合宿。米国ではパウエルと彼の兄でコーチをしているドノバンにアドバイスを受けた。多田自身も『ウエートトレーニングの大事さと、スタートが昨年はつまずき気味だったので、その基本を。だいぶ勉強になった』と話していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る