イチローまた快挙 「中堅」スタメンで史上最高齢記録

公開日: 更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史に名を刻んだ。

 マーリンズ・イチロー(43)は25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」で出場。MLB公式サイトによれば、1900年以降、43歳246日での「中堅」スタメン出場は、歴代1位の1406盗塁などの最多記録を持つリッキー・ヘンダーソン(02年当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢になるという。

 正中堅手イエリッチが休養を与えられ、6月11日のパイレーツ戦以来となるスタメン出場のチャンスを得たイチロー。節目の試合では昨年9月4日のインディアンス戦以来となる「1番」を任され、第1打席は相手の先発左腕モンゴメリーの直球にバットを折られながら遊撃ラッセルの失策で出塁。1死後、4番オズナの適時打で先制のホームを踏んだが、その後はカブス投手陣を攻略できず4打数無安打に終わった。チームは4―2で勝った。

 球団に選択権があるとはいえ、イチローは18年まで契約を残す。本人が公言する「50歳まで現役」を続けるかどうかはともかく、18年(44歳)までは最高齢記録を伸ばしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る