イチローまた快挙 「中堅」スタメンで史上最高齢記録

公開日:  更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史に名を刻んだ。

 マーリンズ・イチロー(43)は25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」で出場。MLB公式サイトによれば、1900年以降、43歳246日での「中堅」スタメン出場は、歴代1位の1406盗塁などの最多記録を持つリッキー・ヘンダーソン(02年当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢になるという。

 正中堅手イエリッチが休養を与えられ、6月11日のパイレーツ戦以来となるスタメン出場のチャンスを得たイチロー。節目の試合では昨年9月4日のインディアンス戦以来となる「1番」を任され、第1打席は相手の先発左腕モンゴメリーの直球にバットを折られながら遊撃ラッセルの失策で出塁。1死後、4番オズナの適時打で先制のホームを踏んだが、その後はカブス投手陣を攻略できず4打数無安打に終わった。チームは4―2で勝った。

 球団に選択権があるとはいえ、イチローは18年まで契約を残す。本人が公言する「50歳まで現役」を続けるかどうかはともかく、18年(44歳)までは最高齢記録を伸ばしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る