イチローまた快挙 「中堅」スタメンで史上最高齢記録

公開日: 更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史に名を刻んだ。

 マーリンズ・イチロー(43)は25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」で出場。MLB公式サイトによれば、1900年以降、43歳246日での「中堅」スタメン出場は、歴代1位の1406盗塁などの最多記録を持つリッキー・ヘンダーソン(02年当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢になるという。

 正中堅手イエリッチが休養を与えられ、6月11日のパイレーツ戦以来となるスタメン出場のチャンスを得たイチロー。節目の試合では昨年9月4日のインディアンス戦以来となる「1番」を任され、第1打席は相手の先発左腕モンゴメリーの直球にバットを折られながら遊撃ラッセルの失策で出塁。1死後、4番オズナの適時打で先制のホームを踏んだが、その後はカブス投手陣を攻略できず4打数無安打に終わった。チームは4―2で勝った。

 球団に選択権があるとはいえ、イチローは18年まで契約を残す。本人が公言する「50歳まで現役」を続けるかどうかはともかく、18年(44歳)までは最高齢記録を伸ばしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る