09年はイチロー大不調 ロッテ伊東監督語る短期決戦の苦悩

公開日:

 どんな競技でも代表監督とはつらいもの。勝てば名将だが、負ければ采配批判も含めてボロクソだ。小久保監督は14日のキューバ戦の八回1死一、三塁の好機に、今大会ラッキーボーイの小林に代えて、内川を代打に送った。結果は犠飛で得点したが、併殺で、しかも試合を落としていたらどうなっていたか。

 過去の大会でも指揮官のベンチワークが幾度となく俎上に載った。連覇した09年は、負ければ大スランプのイチローが戦犯となり、起用し続けた原監督も批判の対象になったことだろう。当時、総合コーチを務めたロッテの伊東勤監督(54)はこう振り返る。

「確かに、あのときはイチロー選手の調子がすごく悪くて、どうしようもない状況だった。あまりに打てないので、原監督に『イチロー君って、あんなに打てないの?』と聞かれたくらい。それに対して、何と返答したかはもう覚えていませんがね。あれだけの選手が打てないとなると、チームの雰囲気も含めて考えないといけなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る