日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

09年はイチロー大不調 ロッテ伊東監督語る短期決戦の苦悩

 どんな競技でも代表監督とはつらいもの。勝てば名将だが、負ければ采配批判も含めてボロクソだ。小久保監督は14日のキューバ戦の八回1死一、三塁の好機に、今大会ラッキーボーイの小林に代えて、内川を代打に送った。結果は犠飛で得点したが、併殺で、しかも試合を落としていたらどうなっていたか。

 過去の大会でも指揮官のベンチワークが幾度となく俎上に載った。連覇した09年は、負ければ大スランプのイチローが戦犯となり、起用し続けた原監督も批判の対象になったことだろう。当時、総合コーチを務めたロッテの伊東勤監督(54)はこう振り返る。

「確かに、あのときはイチロー選手の調子がすごく悪くて、どうしようもない状況だった。あまりに打てないので、原監督に『イチロー君って、あんなに打てないの?』と聞かれたくらい。それに対して、何と返答したかはもう覚えていませんがね。あれだけの選手が打てないとなると、チームの雰囲気も含めて考えないといけなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事