地元球宴も不人気マーリンズ イチローで“客寄せ”に現実味

公開日:  更新日:

 イチロー(43)が所属するマーリンズ勢の不人気が際立っている。

 日本時間20日に行われた米球宴(7月11日・マイアミ)の第4回中間発表で、地元マーリンズの選手が一人も名を連ねなかったのである。

 今季打撃好調(打率.327=リーグ5位)のオズーナ、メジャーを代表する長距離砲スタントン(18本塁打、46打点=数字は19日現在)ですら、外野手部門でそれぞれ5位、7位と得票が伸び悩んでいる。

 オズーナ、スタントンとも、監督推薦などのファン投票以外で選出が確実視されるとはいえ、球団創設初の球宴開催だけに、2人の出場だけでは寂しい限り。球宴は原則としてファン投票選出の選手がスタメン出場するだけに、マイアミのファンはどっちらけだ。

 そこで、イチローである。地元開催に花を添えるため、球宴の常連だったベテラン外野手に一役買ってもらおう、という声が出ているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る