地元球宴も不人気マーリンズ イチローで“客寄せ”に現実味

公開日:  更新日:

 イチロー(43)が所属するマーリンズ勢の不人気が際立っている。

 日本時間20日に行われた米球宴(7月11日・マイアミ)の第4回中間発表で、地元マーリンズの選手が一人も名を連ねなかったのである。

 今季打撃好調(打率.327=リーグ5位)のオズーナ、メジャーを代表する長距離砲スタントン(18本塁打、46打点=数字は19日現在)ですら、外野手部門でそれぞれ5位、7位と得票が伸び悩んでいる。

 オズーナ、スタントンとも、監督推薦などのファン投票以外で選出が確実視されるとはいえ、球団創設初の球宴開催だけに、2人の出場だけでは寂しい限り。球宴は原則としてファン投票選出の選手がスタメン出場するだけに、マイアミのファンはどっちらけだ。

 そこで、イチローである。地元開催に花を添えるため、球宴の常連だったベテラン外野手に一役買ってもらおう、という声が出ているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る