上田利治氏の西京極“サイン違い事件” 元阪急コーチが語る

公開日:  更新日:

 その瞬間、わたしは目が点になるくらいビックリした。

 京都は西京極球場での出来事だ。阪急は毎年、夏場に西京極で試合をしていた。

 わたしは三塁ベースコーチ。あるとき、ベンチの上田監督からサインが出た。組んだ足の膝下を触ったら盗塁というのは、監督と2人だけの決め事だった。

 が、一塁走者は捕手の中沢伸二。チーム一の鈍足の中沢を本気で走らせるつもりか? 半信半疑で、とりあえず1球、様子を見た。しかし、ウエさんの手は、相変わらず膝下に置かれたまま。相手の裏をかく奇策だと思って、中沢に盗塁のサインを送ったものの、案の定、ベースの2メートル手前でタッチアウトだ。

「あんな場面で走らせるとは、いったい、どういうつもりなんだ!」

 ベンチに戻ると、ウエさんの怒るまいことか。膝下を触るフラッシュサインを出したじゃないですかと説明しても、怒りは収まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る