上田利治氏の西京極“サイン違い事件” 元阪急コーチが語る

公開日: 更新日:

 その瞬間、わたしは目が点になるくらいビックリした。

 京都は西京極球場での出来事だ。阪急は毎年、夏場に西京極で試合をしていた。

 わたしは三塁ベースコーチ。あるとき、ベンチの上田監督からサインが出た。組んだ足の膝下を触ったら盗塁というのは、監督と2人だけの決め事だった。

 が、一塁走者は捕手の中沢伸二。チーム一の鈍足の中沢を本気で走らせるつもりか? 半信半疑で、とりあえず1球、様子を見た。しかし、ウエさんの手は、相変わらず膝下に置かれたまま。相手の裏をかく奇策だと思って、中沢に盗塁のサインを送ったものの、案の定、ベースの2メートル手前でタッチアウトだ。

「あんな場面で走らせるとは、いったい、どういうつもりなんだ!」

 ベンチに戻ると、ウエさんの怒るまいことか。膝下を触るフラッシュサインを出したじゃないですかと説明しても、怒りは収まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る