上田利治氏の西京極“サイン違い事件” 元阪急コーチが語る

公開日:  更新日:

 その瞬間、わたしは目が点になるくらいビックリした。

 京都は西京極球場での出来事だ。阪急は毎年、夏場に西京極で試合をしていた。

 わたしは三塁ベースコーチ。あるとき、ベンチの上田監督からサインが出た。組んだ足の膝下を触ったら盗塁というのは、監督と2人だけの決め事だった。

 が、一塁走者は捕手の中沢伸二。チーム一の鈍足の中沢を本気で走らせるつもりか? 半信半疑で、とりあえず1球、様子を見た。しかし、ウエさんの手は、相変わらず膝下に置かれたまま。相手の裏をかく奇策だと思って、中沢に盗塁のサインを送ったものの、案の定、ベースの2メートル手前でタッチアウトだ。

「あんな場面で走らせるとは、いったい、どういうつもりなんだ!」

 ベンチに戻ると、ウエさんの怒るまいことか。膝下を触るフラッシュサインを出したじゃないですかと説明しても、怒りは収まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る