西武で共にリリーフ 急死の森慎二コーチを三井浩二氏悼む

公開日: 更新日:

 西武の森慎二投手コーチが28日午後0時10分、多臓器不全のため福岡市内の病院で死去。42歳だった。現役時代、ともに西武のブルペンを支えた野球評論家の三井浩二氏(43)が日刊ゲンダイに追悼を寄せた。

 ◇  ◇  ◇

 マウンドでは集中して一球一球、気合を込めて投げるタイプで、相手の主砲を抑えた時は雄たけびを上げることもありました。とにかく熱い男でしたが、素顔は明るい兄ちゃんという感じでした。年も近く、同じリリーフを務めていたこともあり、彼とはウマが合った。

 僕が先発をしていた頃は、中継ぎだった彼にスイッチすることも珍しくなかった。「三井さん、もう1イニングぐらい投げて下さいよ」と憎まれ口を叩く彼に対し「後はおまえの仕事だろ」と返したものでした。

 食事や酒を共にすることが多かった。僕よりもプロ入りが早かった彼は食事のうまい店をたくさん知っていて「きょうはどこそこの○○(店名)にしましょう」と連れて行かれましたね。酒がめっぽう強く、美食家。もともと、練習熱心でしたが、飲んだ翌日は酒を抜くためか、早くグラウンドに来て、黙々と走っていました。いつだったか、彼に痛風のような症状が出た時には「うまいものばっかり食べてるからじゃないのか」と話したのを覚えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る