• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空気変えたい」 オリT-岡田が明かしたミーティング改革

 5月に入って4勝19敗とボロボロの状態で交流戦に突入したオリックスが、初戦のヤクルトに大勝した。2-1で迎えた七回に2死から一挙7得点。今季最多の15安打でヤクルトを粉砕した福良監督は、約1カ月ぶりの連勝に「きょうは安心して見ることができました」とニッコリだった。

 仮にこの日の勝利がどん底状態を脱するきっかけになるとすれば、こんな変化もその一助になったのかもしれない。

 選手会長のT-岡田(29)が、「実は(5連敗で臨んだ)23日の楽天戦から、ミーティングの方法を変えたんです」とこう続けるのだ。

「今まではカードの3試合とも(ポジション別に)個人ミーティングをした後、全体ミーティングをやっていました。それを、個人と全体の両方をやるのはカードの初戦だけにして、2戦目と3戦目は個人だけにした。打撃コーチからの提案です。球場に早く来てやりたいことはそれぞれ違うし、頭では分かっていてもできないことを整理するために自分の時間をつくった方がいいんじゃないかという話になって、ボクもそれに納得して実践している。今はチーム状態が良くないことで空回りしている感じがあります。なんとかその空気を変えたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る