「空気変えたい」 オリT-岡田が明かしたミーティング改革

公開日: 更新日:

 5月に入って4勝19敗とボロボロの状態で交流戦に突入したオリックスが、初戦のヤクルトに大勝した。2-1で迎えた七回に2死から一挙7得点。今季最多の15安打でヤクルトを粉砕した福良監督は、約1カ月ぶりの連勝に「きょうは安心して見ることができました」とニッコリだった。

 仮にこの日の勝利がどん底状態を脱するきっかけになるとすれば、こんな変化もその一助になったのかもしれない。

 選手会長のT-岡田(29)が、「実は(5連敗で臨んだ)23日の楽天戦から、ミーティングの方法を変えたんです」とこう続けるのだ。

「今まではカードの3試合とも(ポジション別に)個人ミーティングをした後、全体ミーティングをやっていました。それを、個人と全体の両方をやるのはカードの初戦だけにして、2戦目と3戦目は個人だけにした。打撃コーチからの提案です。球場に早く来てやりたいことはそれぞれ違うし、頭では分かっていてもできないことを整理するために自分の時間をつくった方がいいんじゃないかという話になって、ボクもそれに納得して実践している。今はチーム状態が良くないことで空回りしている感じがあります。なんとかその空気を変えたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る