斎藤二軍監督が一軍投手C復帰 巨人“大胆配転”のその先

公開日: 更新日:

「大胆と言えば、大胆な人事だよな」

 巨人OBがこう言うのは、13日に球団が発表したコーチングスタッフの配置転換である。

 目玉は、斎藤雅樹二軍監督(52)の一軍投手コーチ復帰だ。これにより一軍のチーフ格だった尾花高夫投手コーチ(59)がブルペン担当に、ブルペン担当だった田畑一也コーチ(48)はスコアラーに転出。二軍監督には内田順三巡回打撃コーチ(69)が就くことになったのだが、「斎藤は『ポスト由伸』のひとりに考えられている。前半戦の低迷で由伸の進退に関する雑音が収まらない中、現監督と次期監督候補が手に手を取り合って後半戦を戦うことになるわけだからね」と、冒頭のOBがこう続ける。

「現役時代に通算180勝を挙げ、平成の大エースと言われながら、これまで監督候補として名前を取り沙汰されることがなかった。原(前監督)の子分というイメージが巨人内で強すぎたからだが、昨年の殿堂入り前後から明らかに雰囲気が変わってきた。一昨年限りで退任した原に殉じず、二軍監督としてチームに残ると、1年目にイースタン・リーグを制して、ファーム日本一。若手の日本代表を率いて、第1回U―23W杯も制して初代チャンピオンになった。その際、読売関係者が『これでまたハクがついた』と本人以上に喜んでいたからね。そして、殿堂入りだ。ポスト由伸の最有力候補だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る