• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

斎藤二軍監督が一軍投手C復帰 巨人“大胆配転”のその先

「大胆と言えば、大胆な人事だよな」

 巨人OBがこう言うのは、13日に球団が発表したコーチングスタッフの配置転換である。

 目玉は、斎藤雅樹二軍監督(52)の一軍投手コーチ復帰だ。これにより一軍のチーフ格だった尾花高夫投手コーチ(59)がブルペン担当に、ブルペン担当だった田畑一也コーチ(48)はスコアラーに転出。二軍監督には内田順三巡回打撃コーチ(69)が就くことになったのだが、「斎藤は『ポスト由伸』のひとりに考えられている。前半戦の低迷で由伸の進退に関する雑音が収まらない中、現監督と次期監督候補が手に手を取り合って後半戦を戦うことになるわけだからね」と、冒頭のOBがこう続ける。

「現役時代に通算180勝を挙げ、平成の大エースと言われながら、これまで監督候補として名前を取り沙汰されることがなかった。原(前監督)の子分というイメージが巨人内で強すぎたからだが、昨年の殿堂入り前後から明らかに雰囲気が変わってきた。一昨年限りで退任した原に殉じず、二軍監督としてチームに残ると、1年目にイースタン・リーグを制して、ファーム日本一。若手の日本代表を率いて、第1回U―23W杯も制して初代チャンピオンになった。その際、読売関係者が『これでまたハクがついた』と本人以上に喜んでいたからね。そして、殿堂入りだ。ポスト由伸の最有力候補だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る