Bクラス落ちなら一掃か 巨人“クビ切りリスト”に載る選手

公開日: 更新日:

 何とか3タテは免れた。

 25日の中日戦。巨人は1点を追う九回に陽の右前適時打で同点とし、なおも1死一、三塁から、代打石川が中前へ自身初のサヨナラ打を放った。

 連敗をストップさせた高橋由伸監督(42)は、前日の試合で守備のミスが目立った陽について「ミスを取り返した? いいホームランも出たし、最後も同点につながるヒットも打ってくれた。また打ってくれたらいい。(先発した山口俊は)決して悪くないと思っているし、なかなかチームの流れが良くない中、粘り強く投げてくれたかなと思う」とFA加入の2人を褒めちぎり、「こうして勢いが出るような勝ち方をしたので、流れを変えてまた戦えれば」と締めた。

 とはいえ、リーグ戦再開後の2試合は今季最少タイの4安打ずつで連敗を喫した。相変わらずの貧打は言うに及ばず、この日2番に入った辻が、八回1死一塁から犠打を立て続けに失敗してチャンスを潰すなど、バントすらままならないのが今の巨人だ。劇的なサヨナラ勝ちを飾っても、首位広島とは13ゲーム差の5位。3年連続V逸どころか、2006年の4位以来となるBクラス、さらに83年の球団の歴史上、一度しかない最下位だってないとは言えない。ヤクルトとはわずか3.5ゲーム差なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る