Bクラス落ちなら一掃か 巨人“クビ切りリスト”に載る選手

公開日:  更新日:

 何とか3タテは免れた。

 25日の中日戦。巨人は1点を追う九回に陽の右前適時打で同点とし、なおも1死一、三塁から、代打石川が中前へ自身初のサヨナラ打を放った。

 連敗をストップさせた高橋由伸監督(42)は、前日の試合で守備のミスが目立った陽について「ミスを取り返した? いいホームランも出たし、最後も同点につながるヒットも打ってくれた。また打ってくれたらいい。(先発した山口俊は)決して悪くないと思っているし、なかなかチームの流れが良くない中、粘り強く投げてくれたかなと思う」とFA加入の2人を褒めちぎり、「こうして勢いが出るような勝ち方をしたので、流れを変えてまた戦えれば」と締めた。

 とはいえ、リーグ戦再開後の2試合は今季最少タイの4安打ずつで連敗を喫した。相変わらずの貧打は言うに及ばず、この日2番に入った辻が、八回1死一塁から犠打を立て続けに失敗してチャンスを潰すなど、バントすらままならないのが今の巨人だ。劇的なサヨナラ勝ちを飾っても、首位広島とは13ゲーム差の5位。3年連続V逸どころか、2006年の4位以来となるBクラス、さらに83年の球団の歴史上、一度しかない最下位だってないとは言えない。ヤクルトとはわずか3.5ゲーム差なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る